食事

牛乳・ヨーグルトは身体に悪い!乳製品に注意!

はじめに

こんにちは(^ ^)

東京の肩・膝専門治療院《整体院Oasis》の院長 笠井です。

最近、お客様から『痛みを取るための注意すべき食べ物はありますか?』という質問を良く頂きます。

今回から少し食事に関してのブログも書いていこうと思います。

最近は健康情報があふれていて、どれが正しいのかわかならくなってきています(^_^;)

僕の中で、様々な情報をエビデンスベースで吟味し、自分自身の体感と合わせてお伝えしていきます。

 

今回はまず身体に良いとされている『乳製品』の真実についてお伝えしていきます。

 

乳製品は身体に負担がかかる

乳製品というと、牛乳やヨーグルトなど一般的に『健康に良い』とされているイメージがあります。

ですが、乳製品は実は身体に負担をかけてしまう食べ物というのが最近の一般的な知見となっています。

牛乳に含まれるカゼインが危険!

良く『牛乳はタンパク質が含まれるから骨や身体が丈夫になる!』というイメージがあります。

確かにタンパク質は含まれていますが、そのタンパク質が身体に良いかどうかは別です。

牛乳にはカゼインとホエイというタンパク質が含まれています。

そのうち、カゼインは人間の身体で分解しにくい構造になっており、腸の粘膜を傷つけ、炎症を起こしやすいというデメリットがあります。

ここでは詳細には書きませんが、腸の炎症は食べ物の吸収を阻害するので、せっかく良い食べ物を食べても吸収できずに終わります。

そして、慢性的なだるさや肌のトラブル、頭痛や便通障害などたくさんの不調をきたしてしまいます。

 

ホエイタンパク質も危ない!

ホエイとは牛乳から脂肪分やカゼインなどを除いた液体の事です。

さらにホエイには乳糖(ラクトース)というを含みますが、これが曲者です。

日本人は遺伝的にラクトースを分解する酵素、ラクターゼが少ない人が多いことがわかっています。

例えば、牛乳を飲むと下痢をしたり、お腹のトラブルになりやすい人は、このラクターゼの分泌が少なく、消化不良を起こしているのです。

日本人の80%以上に見られるようです。

これは例えばヨーグルトでも同じことが起こります。

牛乳には他の栄養素もあるが…

確かに牛乳をはじめとする乳製品にはカルシウムやビタミンなども豊富に含まれています。

メリットがあるのも事実です。

ですが、メリットデメリットを天秤にかけても、デメリットの方がはるかに大きいです。

例えばサプリメントや他の食材から摂取するのことがおすすめです。

 

代わりになるものはある?

牛乳やヨーグルトを好まれている方も多いかと思います。

いきなりそれを全て断つことは難しいでしょう。

なので、代替品として例えば

・豆乳や豆乳ヨーグルト

・アーモンドミルク

・ココナッツヨーグルト

・カシューナッツヨーグルト

などに変えてみることをおすすめします。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は『乳製品の身体の良し悪し』について事実をお伝えしました。

ちなみに、私も牛乳は飲みません。

ヨーグルトは食べることがありますが、ほとんどとりません。

代わりに豆乳を飲むようになってすごく調子が良くなりました。

ぜひ皆さんの健康のためにお役にたつ情報になれば嬉しいです。

 

それでは本日も読んでいただきありがとうございました。

 

東京都荒川区の肩・膝の専門《整体院Oasis》

院長 笠井将也

【知っていると得する!健康情報を無料配信中☆】

整体院Oasis LINE@ ご予約はこちらから♪

無料相談も受付けています\(^o^)/
https://line.me/R/ti/p/%40szq4310a

東京都荒川の肩専門院『整体院Oasis』
アクセス:荒川区西尾久2-32-2
電話:050-3717-9754(完全予約制)

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-食事
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5