腰痛

椅子から立つときに腰が痛い!大切な3つの原因!

はじめに

こんにちは(^ ^)

東京都荒川区の短期卒業を目指す治療院《整体院Oasis》の笠井です。

今回は《椅子から立つときの腰痛》についてのブログを更新しました。

皆さんはこういう経験はありませんか?

・長時間椅子に座っていて立つときに腰がすごく痛い

・急に立ったらぎっくり腰になった

・腰が痛くて立つときに腰が伸びない

 

こんなお悩みをお持ちの方はぜひ読み進めていただけると嬉しいです。

立つ時の腰痛の原因は?

皆さんもお仕事や普段の生活の中で《長時間座る》場面も多々あるかと思います。

そして、いざ立とうとしたら腰が痛い。。。

こんなご経験をされているかと思います。

その原因ポイントについてお伝えします。

1.脚の付け根の筋肉の原因

脚の付け根〜腰をつなぐ《腸腰筋》という筋肉があります。

この筋肉は太ももを上に引き上げ、股関節を曲げるための筋肉です。

例えば、長時間座っていたりするとこの筋肉はずっと縮んだ状態になり、硬くなってしまいます。

腸腰筋が硬くなった状態から立ち上がろうとすると、うまく腰と股関節が伸びないので腰痛につながってしまうのです。

 

2.お尻の筋肉が原因

2つ目のポイントは《お尻の筋肉》です。

臀部、骨盤には大臀筋・中臀筋・小臀筋・深層外旋筋などたくさんの筋肉がついています。

長時間の座った姿勢により、この臀部の筋肉の柔軟性が低下することがあります。

そうすると、骨盤・腰部の動きが非常に悪くなり、立ち上がる際の痛みに繋がることがあります。

 

3.椎間板による原因

3つ目のポイントは《椎間板》です。

椎間板は背骨の1つ1つの間にある、クッション材のようなものです。

実は座った姿勢はこの椎間板にすごく負担がかかります。

椎間板の中には髄核という芯のようなものがありますが、これは姿勢によって移動します。

例えば、長時間座った状態でいると、髄核が後ろに移動します。その状態から急に立ったりすると髄核の移動がうまく行かず、椎間板に負担がかかってしまうのです。

 

《椅子から立ち上がる際の腰痛》を改善するにはこの3つのポイントをしっかり改善していくことが重要になります。

 

腰痛を予防する方法

ここでは腰痛を簡単に予防できる方法についてお伝えします。

誰でもできる簡単な柔軟体操なのでぜひやってみてくださいね。

脚の付け根のストレッチ

これは《脚の付け根のストレッチ》です。

長時間座っていて、硬くなってしまった付け根の筋肉をしっかり伸ばしましょう。

股関節のストレッチ

これは《お尻、股関節のストレッチ》です。

お尻周りの筋肉は腰の痛みと非常につながりのある筋肉なので柔軟性を確保することが大切です。

座った姿勢で、片足を反対の膝にかけます。

次に、膝を抱えて反対の肩に向けて引き寄せます。

そうすると、お尻周りの筋肉が伸びてきます。

10秒キープを左右10回程度やってみてください。

かなり腰まわりがスッキリすると思います。

座った状態でできるのでお仕事中にもおすすめです。

背骨のストレッチ

これは背骨のストレッチです。

四つ這いでゆっくり交互に背骨を反ったり丸めたりします。

これをやることで椎間板への負担を軽減し、腰まわりの筋肉の柔軟性を改善することができます。

※オフィスなどでやる場合には周りの目線に注意してくださいね。

 

最後に

今回は《椅子から立ち上がる際の腰痛》についてお伝えしました。

もちろん原因は個人差があり、今回記載したものだけではありませんが、とても重要な3つのポイントをお伝えしました。

座り仕事が多い方もいらっしゃるかと思いますので、今回の記事が何かお役に立てれば嬉しいです。

 

東京都荒川区の短期卒業を目指す《整体院Oasis》

院長 笠井将也

腰の症状にお困りの方へ

当院は荒川区の腰の症状の施術が得意な整体院です。症状にお困りの方はご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-腰痛
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5