脳卒中

脳を蘇らせる!片麻痺の階段昇降をスムーズにする!Part11|荒川区で脳卒中リハビリ

いつもブログを拝見してくださりありがとうございます(^-^)
整体院Oasisの副院長の河内です☆
今回は脳は蘇る‼シリーズ第11回!

今回は階段昇降のやり方についてブログを書いてみました☆
ご存知の方も多いかと思いますが今一度確認してみてください。

昇降のやり方

では、さっそく階段昇降のやり方をお伝えしていきます。
基本的は、
登る時は非麻痺側から昇り
降りる時は、麻痺側から降りる

のが基本になります。
今までの感覚で逆足でてい昇っていたという方も多いかと思います。
そんな方は簡単な動作からステップを上げていくと徐々に慣れていくので
やってみて下さい。

降りる時のやり方

降りる時は、
麻痺側から降りて非麻痺を次に降ろします。
降りる際は、足を出す為に逆足は踏ん張らないといけません。
その際に麻痺側で踏ん張ってしまうと膝折れや転んだりする原因になってしまう可能性があるので意識して麻痺側からら降りるようにしていきましょう。

手摺りを使って登る場合

《順番》
❶手摺り⏩❷非麻痺側⏩❸麻痺側
この順番でやっていきます。
第一ステップとして、ゆっくりと一段づつ足を揃えながら登る事をオススメします。
注意点としては、登る際にしっかり麻痺側の足が階段に載っている事
介護者必ず後方からサポートする事です。

手摺りを使って降りる場合

《順番》
❶手摺り⏩❷麻痺側⏩❸非麻痺側
降りる時は、手摺りでしっかり体重を支えて
怖いかもしれませんが麻痺側から降ろしましょう。麻痺側の足を降す際は手摺りと非麻痺側でしっかり支えているのでゆっくりと降すことをオススメします。
注意点としましては、登る時以上に足の着く位置を意識しましょう。
階段によっては足を着く場所が狭かったりするので気をつけて降りましょう。

杖で階段を登る

《順番》
杖⏩非麻痺側⏩麻痺側
足の動作は手摺りを使う時と同様に行います。手摺りで登る際の注意は、手摺りより不安定という事です。
手摺りで1人で階段昇降出来る様になったら杖でやってみるという順番にできると良いかと思います。

杖で階段を降りる時

《順番》
杖⏩麻痺側⏩非麻痺側
足の動きは手摺りを使う時と同様に行います。注意点は介助斜め前から介助します。
ご自宅に階段があってどうしても階段昇降をやらないといけない方も多いかと思います。
その際は必ず足の動きと介助の位置を気をつけて行ってみて下さい

エスカレーターの登り降り

エスカレーターの場合は、階段とは違い
【動く】という事が大きな違いです。
移動するものが動く場合は、先に出した足で体重を支えないといけません。
特にエスカレーターの登り降りするはじめは混乱するかと思います
その際は必ず介助者とともに行うのをオススメします。

終わりに

いかがだったでしょうか。
階段昇降の練習がこれからの方は是非。基本をしっかり身に着けてから行うと安全に
転びにくく行えるようになるので行ってみてください.

脳卒中の後遺症にお困りの方へ

当院は荒川区の脳卒中の後遺症のリハビリが得意な整体院です。症状にお困りの方はご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-脳卒中
-, , , , , , , , , , , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5