膝関節

グルコサミン・コンドロイチンは本当に効くの?現役理学療法士が教える本当の効果

こんにちは(^ ^)

東京都荒川区の膝専門治療院《整体院Oasis-オアシス-》院長の笠井です。

当院のお客様からこんなことをよくご質問いただきます。

・グルコサミンとかコンドロイチンって効くんですか?
・本当に治るんですか?
・今飲んでるんですけど、いつまで飲めば良くなりますかね?

これは我々の間でも気になるポイントです。

飲んだだけで膝の痛み、関節の痛みが取れるのならばこれほど楽で嬉しいことはありません。

今回は、TVのCMや健康食品としてお馴染みのグルコサミンとコンドロイチンについて、私の見解を書いていきたいと思います。

グルコサミンとコンドロイチンはほんとに効くの?

現在、ビタミン剤や栄養補助食品としてのサプリメントのように、世の中にはいろんなサプリメントが存在しています。

特に膝の痛みに効果があるとされている商品として、グルコサミンやコンドロイチン配合のサプリメントがあります。

値段や成分はまちまちですが、こんなことを思ったことはありませんか?

・ほんとに効くの?
・なんか怪しいよね。

安くはない買い物だけに、このように感じてしまうことも多いかと思います。

いろんな見解がありますので、ここでは先にそれぞれの特徴を説明したいと思います!

その上で皆さんにとって最適な選択をして頂けたらいいな、と考えています。

グルコサミンとは?

グルコサミンとは、代表的なアミノ糖の一種です。

関節や皮膚などの結合組織を柔軟に保持する役割を果たしています。

また、軟骨そのものを修復させる働きを持ちます。

しかし、体内でのグルコサミンの合成は、加齢に伴って徐々に減少します。

すると、これまで関節を柔軟にしてくれていたグルコサミンが減少し、関節痛として、膝の痛みが出現する原因になります。

コンドロイチンとは?

コンドロイチンとは軟骨、結合組織、皮膚に存在するムコ多糖類の総称です。

ねばねばしており、全身の関節を動かすのに重要な役割を果たしています。

特に、コンドロイチンが関節部分の軟骨に弾力性をもたせ、骨どうしの摩擦を防ぐ役割をもちます。

グルコサミン・コンドロイチンの効果

結論から話したいと思います。

実は、効果があるか否かは、未だにはっきりしていません。

ここまで読んで下さったのに、がっかりさせてしまって申し訳ございません。

これまでに数多くの研究が発表されている中、効果があるという文献もあれば、効果はないという文献もあるのです。

その為、ここからは私の見解を話したいと思います!

簡単に説明しますと、

・「口から摂取したものがそのまま急に膝に効果を示すはずがない。」
・「無駄ではないかもしれないが、高齢になる前(40歳代とか)から長い期間摂取していなければ意味はない。」

と考えています。

摂取した物質が体内にそそのまま反映されるのは、ビタミン類などのごく一部の成分とされています。

その為、グルコサミンやコンドロイチンを摂取したからといって、そのまま体内の必要部位(今回で言うと“膝”)で再生成されるとは考えにくい、といった見解です。

適切な選択のために

今回このブログを読んで下さっている方は、膝が痛くて悩んでいる方だと思います。

グルコサミン、コンドロイチンの商品は安くないです。

だからこそ使用する場合は、使用したから必ず治るものではないことも承知で使用しましょう。

個人的な意見としては、適切な運動やストレッチ、専門家による治療を受けた方が膝の痛みが緩和されるケースは多いです。

おわりに

今回は、CMでお馴染みのグルコサミンとコンドロイチンについて説明しました。

しかし、膝の痛みを生じる原因はたくさんあります。

具体的には、

・股関節や足関節等の膝以外の関節が原因となる場合
・筋肉の柔軟性が失われている場合
・膝関節の噛み合わせが悪くなっている場合

そして、実際にはこれらの状態になっていることが原因となる場合が多いです。

だからこそ、サプリメントを試してみようと考える方は、是非一度ご相談下さい。

もしかしたら、食べ物ではなく、運動の方が効果的に痛みを緩和できるかもしれません。

それでは今回も読んでいただきありがとうございます。

膝の痛みでお困りの方へ

当院は荒川区で膝の痛みを専門的に治療している整体院です。ぜひ、ご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-膝関節
-, , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5