膝関節

歩き始めに膝が痛む原因は?膝の構造からみる歩き出すときに症状がでる理由

こんにちは(^○^)

整体院Oasis−オアシス−の篠原です!

今回は、歩き始めに膝が痛む原因についてお話していきたいと思います!

膝の構造

一般的な関節の構造

まず始めに一般的な関節の構造について説明します。

こちらの画像をご覧下さい。

関節は、骨と骨の間に構成され、靱帯によって補強されます。

関節包という組織に覆われ、その間は関節腔と呼ばれる空間があります。

関節腔には関節液(滑液)という液体で満たされており、関節の動きを滑らかにする潤滑剤の役割を果たしています。

膝関節の構造

膝の関節で見ていきましょう。

・太ももの骨(大腿骨)、すねの骨(脛骨、腓骨)、膝のお皿(膝蓋骨)

・靭帯(前十字靱帯、後十字靱帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯)

・半月板

などがあります

歩き始めに膝が痛む原因

結論から言いますと、《歩き始めると膝が痛い》といった症状は変形性膝関節症かもしれません!

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症とは、加齢によって軟骨が変性し、膝の痛み関節内に水が溜まるなどの症状が出現します。

歩き始めに膝が痛むのは、変形性膝関節症の初期症状です。

なぜ歩き始めだけ膝が痛むのか?

先ほど説明した、関節液(滑液)の働きによって、歩き続けていると痛みが減少することがあります

どういうことかと言いますと、関節液は、関節が動き温度が上昇すると、より滑らかになる性質があります。

その為、歩き続けると痛みが減少することがあります。

おわりに

今回は、歩き始めると膝が痛む原因について話してきました。

歩き続けたり、動き続けることで痛みが減る方は、動き始める前に膝の屈伸運動など、簡単な運動を行ってから動き出すと良いでしょう

少しの工夫で痛みが現れにくくなるかもしれません!

ですが、逆に動き続けても痛みが減ってこない方は、膝を痛めている可能性があります。

このような方は、一度お近くの整形外科や整体院の方に診てもらうと良いでしょう。

痛みがあるから、外出機会が減ってしまったり、諦めている方はもったいないです。

症状によっては、一部手術を必要とされる方もいらっしゃいますが、ほとんどの場合が適切な治療で治ります!

諦めずに一緒に頑張りましょう!

膝の痛みでお困りの方へ

当院は荒川区で膝の痛みを専門的に治療している整体院です。ぜひ、ご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-膝関節
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5