腰痛

【腰痛】座って立つと腰が伸びない!椎間板を痛めたときに対処法

こんにちは(^ ^)

東京都荒川区の《整体院Oasis-オアシス-》院長の笠井です。

今回は《腰痛》についてのブログを更新しました。ここ最近、腰痛でご来院される方が急増しています。

その中でも特に、

  • 長時間座っていて立つ時に腰が痛い
  • 寝ているだけでも腰が痛い
  • 前屈みができない

などの症状でお悩みの方がとても多いです。今回はそんな症状について書いていきます。

座っていて腰が痛むのは椎間板が傷んでいる

《椎間板》という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは腰の骨と骨の間にあるクッション材のようなものです。

重たいものをもったり、歩いたり、座ったりした時に背骨にかかる負担を軽減する役割があります。

特に今回のブログのテーマである、

『長時間座っていて、立つ時に腰が痛くて伸びない』

症状についてはこの椎間板が傷んでいる可能性が高いです。

椎間板と腰椎

椎間板にも炎症が起きる

いくら椎間板がクッション材といっても、どんな負荷にも耐えられる無敵の組織というわけではありません。

椎間板にも大きな負担がかかりすぎると炎症を起こすことがあります。

椎間板の炎症と変性

特に座っている姿勢というのは椎間板に大きな負担をかけることが知られています。

ずっと座っていることが多い方、あるいは重たいものを持つことが多い方は椎間板に負担をかけやすく、炎症が起きる場合があります。

一度、椎間板に炎症症状が起きてしまうと、おさまるまでは座っているのが辛かったり、腰を伸ばせなかったりします。

重症化すると椎間板ヘルニアに

さらに椎間板の損傷が大きくなると、《椎間板ヘルニア》という状態になります。

これは椎間板が破けて、中身が飛び出してしまい、神経を圧迫してしまう状態のことを言います。本当にひどいと手術になってしまうこともあります。

椎間板ヘルニアが重症化した図

椎間板を痛めた時の対処法

まず1週間程度は安静がオススメです。

椎間板に炎症がある状態で、運動や無理にストレッチなどを行うことは推奨できません。

湿布を張り、消炎鎮痛剤を飲んでも良いかもしれません。

痛みが少し落ち着いていた段階で整体や施術などを行い痛みを根本的に解決していくのが良いでしょう。

腰痛が再発しないためには?

1週間安静にしても痛みが変わらなかったり、腰痛を繰り返していたり、痛みが普段からなかなか改善しない方は要注意です。

慢性的に腰に炎症が起きていたり、椎間板が損傷している可能性があります。

これを改善するためには施術が必要、例えば背骨・骨盤・股関節といった部位をチェックし、腰に負担をかけている原因を根本的に取り除いていく必要があります。

これは一度近所の治療院でみてもらうことをオススメします。

あまり慢性化させると骨が変形してきたりしてしまう場合もあるので早めの対処が肝心です。

最後に

今回は《長時間座って立つ時に腰が痛くて伸びない》症状についてブログを書きました。

実は私自身この症状を経験したことがあります。

本当に腰が痛くて仕事にならず、座っているのも辛いので姿勢の置き場所がわからない。特に季節の変わり目ではこういう症状が出やすい傾向があります。

ぜひ皆さんもお身体気をつけてください。

ご不明な点があればいつでも当院のLINEからご相談ください。それでは今回も読んでいただきありがとうございました。

 

東京都荒川区の肩と膝の専門治療院《整体院Oasis-オアシス-》

院長 笠井

合わせてこちらもお読みください♪

腰痛は腰だけ治療しても治らない?|東京都荒川区《整体院Oasis》の腰痛改善ブログ

坐骨神経痛を改善するには!|東京都荒川区の腰痛専門治療《整体院Oasis-オアシス-》

腰の症状にお困りの方へ

当院は荒川区の腰の症状の施術が得意な整体院です。症状にお困りの方はご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-腰痛
-, , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5