膝関節

内側側副靱帯損傷とは?症状や原因、リハビリ方法について解説

こんにちは。

整体院Oasis−オアシス−の篠原です!

前回の内容に引き続き、靱帯損傷についてお話していきます!

今回ご紹介する内側側副靱帯損傷は、前十字靭帯や半月板が同時に損傷することがあります。

内側側副靱帯が損傷するとどうなるのか、その後のリハビリテーションはどんな感じなのか等をお伝えします!

内側側副靱帯損傷

内側側副靱帯とは?

内側側副靱帯とは、すねの骨の内側から太ももの骨の内側に繋がっている靱帯です。

主に、側方の動きを制御する為に働いています。

なんで損傷するのか?

前回紹介しました前十字靭帯損傷同様に、スポーツによる損傷が多いです。

内側側副靱帯は、膝の内側についていますので、膝の外側から強い衝撃を受けると、靱帯にストレスがかかり、損傷してしまいます!

靱帯を損傷するとどうなる?

内側側副靱帯を損傷してしまうと、炎症反応(熱くなったり、腫れる)がおきます。

また、体重をかけた時に、内側へ不安定さが現れます。

→この炎症反応内側への不安定さは3つの型に分類されています。

  • Ⅰ度:あまり膝の不安定さはないが、膝の内側を押すと痛い。
  • Ⅱ度:膝が伸びきっている状態では不安定ではないが、膝を少し曲げた状態では不安定になる。
  • Ⅲ度:膝の角度に関わらず、不安定な状態。

内側側副靱帯損傷のその後

内側側副靱帯損傷後の流れ

内側側副靱帯損傷

→診察(整形外科、X線とMRI等)

→症状に応じて手術の検討

ここで重要な点が2点あります!

①損傷の程度

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ度のうち、損傷がその程度なのか。

②合併損傷の有無

冒頭でも説明しましたように、前十字靱帯や半月板が同時に損傷してしまうことがあります。

ちなみに、前十字靭帯+内側側副靱帯+内側半月板の損傷は、不幸の三徴と言います。

近年では、手術をしない方法(保存療法)で良好な結果が得られているとの報告もあります!

手術をするかしないかは、先生とよく相談しましょう。

内側側副靱帯損傷に対するリハビリテーション

損傷直後は、過度な関節運動は避けながら練習をしていきます。

また、装具を使用し、膝の固定をします。

痛みが徐々に減ってきたら、装具を使用した状態から関節運動を開始していきます。

基本的には、病院の先生や理学療法士の意見を聞いて行いましょう。

おわりに

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

今回は内側側副靱帯について説明してきました!

病院でのリハビリテーションは限られており、特にスポーツ復帰を考える方は継続的にリハビリテーションを行っていく必要があります!

お悩みがご質問がありましたら是非ご相談下さい。

ご連絡お待ちしております。

膝の痛みでお困りの方へ

当院は荒川区で膝の痛みを専門的に治療している整体院です。ぜひ、ご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-膝関節
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5