首・肩が痛くて上を向けない!その原因ポイント!|東京都荒川区の肩専門施術《整体院Oasis》

東京都荒川区の《肩の痛み》ブログ

はじめに

こんにちは(^-^)

東京都荒川区《整体院Oasis》の院長笠井です。

今回は《首・肩の痛みの改善》についてのブログです。

 

先日、こんなお客様がいらっしゃいました。

↓↓↓↓↓

『先生、最近首を動かすと右側が痛いんです…』

『ひどい時には頭痛がすることもあるんです…』

『病院ではレントゲンで頚椎が問題だと言われました…』

『ストレートネックだからしょうがないと言われました…』

↑↑↑↑↑

こんな訴えのお客様でした。

結論からお伝えすると、この方は3回の施術でほとんどの痛みが改善しました。

そして、その原因は頚椎自体ではありませんでした。

では何が問題だったのでしょうか?

 

首を動かすのに重要な場所

今回のお客様の場合では、『上を向くと右側の首が痛くてしょうがない』といった状態でした。

私は頚椎の動きを1つ1つチェックしていきましたが、ほとんど問題はなく、動きも良い状態でした。

なのに痛みがある。

これは頚椎ではない場所に問題があると疑いました。

良くみていくと頚椎よりもう少し下の場所に原因がありました。

 

首を動かすのには胸椎も大切

頚椎は7個ありますが、その下には胸椎という背骨が12個繋がっています。

この12個のうち上の1〜3つ目あたりの胸椎の動きが重要です。

胸椎は構造的に動きが出にくい特徴があります。

ですが、首を動かす時にはこの胸椎も一緒に動く必要があります。

この時に胸椎が動かないとスムーズな動きができずに痛みが出現してしまうのです。

 

胸椎が硬くなる理由

では、なぜ胸椎の動きが硬くなってしまうのでしょうか?

今回のお客様の場合では、肩甲骨の周りの筋肉が原因でした。

肩甲骨の後ろ側に《菱形筋》という筋肉があります。

この筋肉は胸椎と肩甲骨をつなぐ筋肉です。

菱形筋が硬くなると胸椎の動きが非常に制限されます。

今回のお客様の場合、この菱形筋がものすごく硬くなっており、胸椎の動きが制限されていました。

良く良くお話を伺っていると、デスクワークにより1日中パソコン作業をしているとのことで、ずっと腕を支えなければならない状態のようでした。

これが原因で胸椎が硬くなり、最終的には首に痛みが出現してしまったのです。

菱形筋をしっかりほぐし、セルフストレッチもお願いしたところ、最近はかなり痛みが改善してきて、仕事を頑張れているとのことでした。

長年の硬さがあったので、まだ通われていますが、あと数回で卒業できると考えています。

 

最後に

今回は《上を向くと首・肩が痛い症状》についてお伝えしました。

実は頚椎が問題ではない場合も非常に多いです。

もちろん頚椎自体に問題があることもあります。

大切なことはしっかり原因を見極められるかということです。

なかなか首・肩の痛みは電気やマッサージ、牽引だけでは改善が難しいことが多いです。

 

もし当院がお力になれそうであればいつでもご相談ください。

それでは本日も読んでいただきありがとうございました。

 

東京都荒川区 整体院Oasis
院長
笠井将也

 整体院Oasisのご予約

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

コメント