膝関節

歩くのが遅い人は膝が痛くなる?危険なの?変形性膝関節症とO脚の関係

こんにちは。

整体院Oasis-オアシス-の篠原です!

今回は、変形性膝関節症の方の歩行速度について説明していきたいと思います。

変形性膝関節症O脚の方は、歩行速度が低下しやすいと言われています。

すでに膝が痛い方や痛くなくてもO脚の方は特に必見の内容となっています(^○^)

是非最後までご覧になってみてください。

変形性膝関節症とO脚

変形性膝関節症

まず、変形性膝関節症について説明していきます。

変形性膝関節症は、膝の痛み関節に水が溜まる、といった症状が現れます。

一般的には加齢に伴い、膝の軟骨(半月板)がすり減っていき、骨と骨が接触することで痛みが出現します。

痛みの程度は様々ですが、変形性膝関節症には、進行段階があります。

関節疾患は、要支援者や要介護者になる原因の大部分を占める疾患の一つです。

O脚

続いてO脚について説明します。

O脚は、その字の通り、Oの形をしている脚のことを指します。

具体的には、「両足の膝と膝との間が、指2本分以上離れている状態」を指します。

共通する要素

上の2つ(変形性膝関節症、O脚)の共通する要素として、膝が外向きに「く」の字になっています。

もう少し細かくみると、関節内はこのようになっています。

歩行速度との関係

ここから歩行速度との関係について説明していきます。

まずこちらの画像をご覧下さい。

これは、通常の歩行時に、どこに重心がかかっているかを示すものです。

かかと→小指側→親指側の順で重心が移動していくのがわかると思います。

これを踏まえて、先ほどの膝が変形して「く」の字になっている絵を確認してみてください。

体重をかけた時に、力はどこに向かって働くでしょう?

膝が外向きに向いていますから、当然外側に力が加わり、親指側に体重を乗せることができません。

つまり、外側にばかり体重がかかってしまう為、効率良く前に進むことができません!

結果的に歩くのが遅くなった、と実感することになります。

おわりに

最後までお読み頂きありがとうございます。

・最近歩くのが遅くなった

・膝が痛くて歩くのが大変

このように感じている方は、膝の治療が必要な場合があります。

今回は、変形性膝関節症、O脚の方の歩行速度について話してきましたが、他にも膝に何かしらの問題を抱えている人は、どんどん疲れやすい体になり、歩くスピードも遅くなります。

できる限り痛みのない生活を取り戻せるよう、全力でサポートさせて頂きます!

是非、お悩みやご相談がありましたら、ご連絡ください。

お待ちしております( ^∀^)

膝の痛みでお困りの方へ

当院は荒川区で膝の痛みを専門的に治療している整体院です。ぜひ、ご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-膝関節
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5