膝関節

膝が痛い人の靴の選び方!足の構造を知ることであなたにぴったりな靴が選べるようになる!

こんにちは(^ ^)

東京都荒川区の膝専門治療院《整体院Oasis-オアシス-》の笠井です。

 

突然ですが、皆さんは自分にぴったり合った靴を履いていますでしょうか?

膝痛腰痛を持っている方にとって、靴を意識する方は少ないかもしれません。

しかし、正しい靴を選択することで、現在膝痛や腰痛を持つ方は改善する可能性もあります。

今回は、どんな靴を選択していく必要があるのか、説明をしていきたいと思います。

足の構造を知ろう!

まずは、足部の構造から説明していきたいと思います。

こちらの画像をご覧下さい。

足部には、大まかに3つのアーチが存在します。

このアーチは何の為にあるのでしょうか?

1.衝撃を緩和するため

踵が地面に接地する時に、縦アーチが足部への衝撃を緩和する為に活躍します。

2.推進力を生み出す

足がついてから次の一歩を踏み出す時の蹴り出しをサポートします。

 

他にも、様々な役割がありますが、効率よく歩くためにあるもの、と考えて下さい。

しかし、加齢により、このアーチ機能は低下(扁平足)してしまうことがあります。

これが原因で姿勢がゆがみ、結果として、腰痛、膝痛に悩まされることも少なくありません。

だからこそ、適切な靴選びが重要になってくるのです。

 

 

間違った靴選びをしていませんか?

自分の足にしっかりと合った靴を履けていますか?

・サイズが合っていない
・靴底が厚い
・先端が細い(革靴やパンプス等)
・不安定(ヒール)
・紐がない、もしくは調整できない(スリッポン)

このような靴を履いていると、歩行や姿勢がゆがみ、膝や腰を痛めるきっかけになります。

次の項目で具体的にどんな靴を選べばいいのか説明します。

靴選びのポイント

クッション性が良く、安定しているもの

靴底は衝撃を緩和できるゴム製のもので、インソールはクッション性の高いものを選びましょう。

特に女性に多い、先の尖った靴や不安定な靴は極力履かないようにしてください。

 

サイズ

「基準を靴のかかとに合わせ、つま先に指1本分の余裕のあるもの」

もしくは、反対に「基準をつま先に合わせ、踵に指1本分の余裕のあるもの」

また、「横幅はぴったり合うもの」を選びましょう。

 

履き方

紐やチャック、ベルトがついているものは、足の形に合うようにしっかりと締めましょう。

 

靴を選ぶ時間帯

足が良くむくんでしまう人は夕方選びましょう。

しかし、むくみ自体はよく動いている人はあまり生じません。

ですからよく動く時間に合わせて、昼間に選びましょう。

 

おわりに

簡単にですが、靴の選び方について説明を行ってきました。

自分の足にぴったりな靴を履くことで効率よく歩くことができるようになり、膝や腰への負担も軽減する可能性があります。

・もう少し細かく知りたい!

・靴を変えたけど、あんまり良くならない。どうすればいい?

このようにご質問がありましたら、是非一度ご相談ください。

膝痛や腰痛を抱える方だけでなく、みなさんが快適に生活できるようにサポートできればと嬉しいです。

それでは今回も読んでいただきありがとうございました。

 

東京都荒川区の膝専門治療院《整体院Oasis》

院長

笠井

膝の痛みでお困りの方へ

当院は荒川区で膝の痛みを専門的に治療している整体院です。ぜひ、ご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-膝関節
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5