院長 笠井 将也 -KASAI MASAYA-

プロフィール

性格:明るく、穏やか
趣味:バスケ、サーフィン、フットサル、スポーツ観戦、読書、映画、寝ること
好きな食べ物:焼肉、ハンバーグ、サラダ、煮物
資格:理学療法士免許(国家資格)

学術実績:

◎第17回千葉県理学療法学会

『中高生野球選手における腰椎分離症患者の身体特性』

◎第48回日本理学療法学術大会

『足関節捻挫受傷患者の歩行時の足圧中心について』

◎第5回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

『足関節捻挫受傷患者における歩行時の足圧中心について 』

◎日本義肢装具学会

『抗力を具備した継手付き体幹装具の開発と評価—平地歩行における体幹筋活動の計測—』

経歴:

東京都福生市立福生第三小学校、福生第一中学校卒業

東京都立国分寺高校卒業

国際医療福祉大学保健学部理学療法学科 卒業
理学療法士免許取得

医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院・西船クリニックにて約4年勤務

ガイアリハビリ訪問看護ステーションに約5年勤務

整体院Oasis開院

整体院Oasisを開いた理由

スポーツばかりやっていた学生時代

私は小学生の頃から運動が大好きでした。中学校からはバスケットボール部に入部し、高校・大学とずっとバスケ一筋で頑張ってきました。本格的にやるスポーツは本当に面白く、正直勉強よりも熱中していました。

しかし、同時に怪我にはたくさん悩まされた競技人生でした。腰痛、足首の靭帯断裂、肩の脱臼と手術など本当にボロボロになりながら戦っていました。

周りにおいて行かれないように必死だった

怪我をすると当然ながらその期間は練習ができません。治すことに集中して、できることを地道にやっていました。特に私はバスケの才能に恵まれた方でなく、周りにうまい友達がたくさんいたので、レギュラーを取るために必死でした。

しかし、近所の接骨院や整形外科に行っても痛み止め・湿布・簡単なマッサージをされるばかりで、なかなか治らないことにすごくじれったさを感じていました。

さらに、良くなったと思ってもまた激しく練習をしているうちに再発。。。

僕の学生時代は身体を本当に治してくれる所には出会えませんでした。

こんな思いをするのは自分だけで良い

高校生の時に、自分の経験からこういう怪我を抱えた人を早くそして根本的に治してサポートできる自分になりたいと思うようになりました。

色々調べているうちに《理学療法士》というリハビリの国家資格を取るための大学に入ることを決意し、もう勉強の末なんとか入学することができました。

勉強して本当のことを知った

本格的に身体のことを学び、私は本当のことを学びました。

今まで自分が受けていた治療がいかに効果のないことをやっていたのかということを知りました。

それは、

『根本的に治すには痛みのある患部だけに施術していても治らない。根本的な原因を突き止めなければ改善しないんだ!』

ということでした。

思い当たりませんか?

皆さんも思い当たりませんか?

こういう治療を受けて、治らない経験をしたことがあるのではないでしょうか。

私の場合は腰痛でしたが、皆さんにも、

・整形外科に行ってレントゲンを撮って「問題ないから少し経てば治るよ」と言われ湿布を渡されて帰ってきた。

・接骨院に行って電気をあててマッサージしてもらって家に帰るまでに痛みが戻っている。

経験ありませんか?
これらは原因に対して治療ができていない為、再発する可能性がかなり高いのです(打撲・炎症などは効果がありますが)。

本当に良くなる場所を作りたかった

これまで整形外科や訪問リハビリとして、仕事をしていましたが、私が住む地域の方々から聞かれる声は、

『この辺は治るところがどこにもない』

『たくさんありすぎてどこに行ったら良いかわからない』

『治療院の違いがわからない』

などなど、身体を治したくてもどこに行けば良くなるのか迷っている方々が非常に多かったです。

有難いことに、街の方々の応援や仲間のサポートがあり、覚悟を決めて《整体院Oasis》を開業しました!

この院は地域の方々に『本当に頼れる場所』を提供するために作りました。

これまで10万件を超える施術をしてまいりましたので、皆さんのお役に立てるかと思います。

お身体を預けていただく以上、全力で皆様のお悩みを解決していきます!

どこに行っても治らなかったお悩みをお抱えの方、ぜひ一度ご相談ください!

私の使命

本当に良くなる施術で悩んでいる人のお役に立つ!

頑張っている人のための《Oasis》をつくる!

施術を通して、地域と日本の活性化!

 

 

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5