院長 笠井 将也 -KASAI MASAYA-

プロフィール

  • 性格:明るく、穏やか
  • 趣味:バスケ、サーフィン、フットサル、スポーツ観戦、読書、映画、寝ること
  • 好きな食べ物:焼肉、ハンバーグ、サラダ、煮物
  • 資格:理学療法士免許(国家資格)

学術実績

◎第17回千葉県理学療法学会

『中高生野球選手における腰椎分離症患者の身体特性』

◎第48回日本理学療法学術大会

『足関節捻挫受傷患者の歩行時の足圧中心について』

◎第5回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

『足関節捻挫受傷患者における歩行時の足圧中心について 』

◎日本義肢装具学会

『抗力を具備した継手付き体幹装具の開発と評価—平地歩行における体幹筋活動の計測—』

経歴

  • 東京都福生市立福生第三小学校、福生第一中学校卒業
  • 東京都立国分寺高校卒業
  • 国際医療福祉大学保健学部理学療法学科 卒業
  • 理学療法士免許取得
  • 医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院・西船クリニックにて約4年勤務
  • ガイアリハビリ訪問看護ステーションに約5年勤務
  • 整体院Oasis開院

自己紹介文

【私が治療家になったきっかけについて】

今回は私が治療家になったきっかけについてお伝えさせて頂ければと思います。少しでも読んでいただけたら嬉しいです。

私は中学〜大学まだバスケットボールをしていました。

バスケットボールは身体の接触が多いスポーツですが、私はそれほど身体が強くなく、いつも当たり負けをしていたり、無理をしながらやっていたのを覚えています。

そのせいもあり、私にとってケガは日常茶飯事。

  • 足首の靭帯を切る大怪我
  • 膝をひねる怪我
  • 肩の靭帯を痛める怪我

細かなケガを数えるときりがないですが、高校・大学時代ともに非常にケガが多く、常に痛みを抱えながらスポーツをしている状態だったんです。

体の痛みを抱えながらスポーツをしていたとき、みかねた両親がとある整形外科を紹介してくれました。

その時の状態を一言でいうと満身創痍。

体中痛いところだらけだったので、少しでも軽くなれば良いかな程度で通院することにしました。

しかし…その期待は良い意味で裏切られることになります。

数ヶ月通院した頃には私の体はほとんど痛みのない身体に変化。おかげさまで大学時代には県ベスト4までになることができました。

「少し良くなればいいな」の軽い期待だったので、そのリハビリの効果に本当に驚き、今でも理学療法士の先生には感謝しています。

そのような経験から私も困っている人のお役に立ちたいという気持ちが強くなり、高校卒業後に国際医療福祉大学に入学、4年後に国家資格を取得し、晴れて理学療法士になることができました。

その後、千葉県船橋市にある船橋整形外科病院に就職。

この病院は有名プロアスリートも多数来院される病院で、医師・理学療法士ともに技術面・人間性に優れた方々がたくさんおり、厳しく育てて頂きました。

私の治療家としての土台・原点はここにあり、ここで多くの患者さんを担当させて頂く機会に恵まれることとなります。

31歳で整体院Oasisを開業

2021年6月現在開業し、2年半ほど経ちますが、お陰様で地域の方々にたくさんご来院いただける院へと成長しました。

整形外科や整骨院など、どこに行っても改善しなかった症状が治っていく患者さんを目の前にすると、本当に治療家になってよかったなと感じる毎日です。

これからも私の理念である『整体を通して、痛みや不調がなく、やりたいことが自由にできる健康な身体を保つサポートをすることで地域の方々に貢献する』ことができるように日々精進して参ります。

最後に私事ですが2020年に結婚をし、現在は妻と2人暮らしです。

週末には妻と出かけたり、旅行に行ったりすることが1番の楽しみ。

毎日仕事で帰りの遅い私を笑顔で迎えてくれる妻には本当に感謝をしております。

これからも皆様の症状改善に向けて、一緒にサポートさせて頂けたらとても嬉しく思います。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

© 2021 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5