脳卒中

脳を蘇らせる!片麻痺のストレッチの必要性【Part5】|荒川区で脳卒中リハビリができる整体院

こんにちは(^-^)
整体院Oasisの副院長の河内です☆
今回は脳は蘇る‼シリーズ第5回!
麻痺のストレッチはなぜ必要なの?をお伝えします(^-^)

脳梗塞後遺症の方で
担当の先生に『麻痺の手足はストレッチをしてくださいね』と教えて頂いてる方は多いのではないでしょうか(^-^)

私も患者様やお客様にお伝えする事は多いです☆

とあるお客様に『なんでストレッチはした方がいいんですかね?』

と質問がありました。

 

もしかしたら、、、

ストレッチの必要性をあまり感じてないけど、やった方がいいよ!と言われたからやっている人は多いのではないかな?

 

と思いブログを書きました♪

 

ストレッチはやった方がいいのか?
やらなくてもいいのか?

との問いは間違いなく

 

ストレッチはやったほうがいい!です。

今回は
そのなぜ?を説明していきす!!

 

麻痺になると

麻痺になると大きく分けて回復していく流れがあります。

❶力が入らない弛緩性の時期

❷力が少し入ってくる時期

❸力が強く入りすぎてしまう時期

❹上手く各部位が個別で動かせる時期

脳の損傷箇所や大きさにより、
最初から力が入り過ぎてしまう方もいれば、

ぎこちないけど最初から各部位が動かせる方もいます。

担当のリハビリの先生は、
患者様が今現在どの状況だと把握した上でリハビリを進めていきます。

私の場合は、『動く』or『動かない』も大切なんですが、そこに『感覚』がどの程度あるのかを凄く見ております

麻痺のストレッチの必要

筋肉はゴムと同じ動きをします!

伸びていれば、縮めようと作用します

長年伸ばしてなくて縮んでいれば

柔軟性が無くなり、普段伸ばしているゴムと比べ伸びなくなります。

第一のストレッチをする理由は

柔軟性が無くなると筋肉は伸びなくなるから!です

特に指や手首などは細かい筋肉が入り混じっている部分なので
動かさないと滑走が悪くなりくっついたりして伸びなくなります。

 

柔軟性があるゴム
柔軟性がないゴムだと力の入り方が全然違います。

柔軟性のあるゴム(筋肉)は力が入りやすく

柔軟性がないゴム(筋肉)は力が弱いです

それだけ筋肉の柔軟性は大切なんです(^-^)

なので、、

第二のストレッチをする理由は

力が適正に筋肉に入る様になる為!です。

 

麻痺のストレッチ方法

 

肩の筋肉のストレッチ①

脇の下の筋肉が固くなると腕が上に上がらなくなります。

ご自身で動かせない方は動く腕で持ってストレッチをしてください(^-^)

肩の筋肉のストレッチ②

肩甲骨の筋肉のストレッチです(^-^)

ここの部分は固くなる方が多いので左右共にストレッチをしましょう☆

 

背中・腹筋・肩甲骨周りのストレッチ

 

※片麻痺になると体をひねる運動が少なくなり胸郭が固くなり
猫背になる方も多いです。

猫背になると方も上がりにくくなるので是非行っみてください(^-^)

 

 

手首・指を伸ばす筋肉のストレッチ

片麻痺の方は指を伸ばす事が出来ない方が多いです。

筋肉の柔軟性がなければ力も入りずらくなるのでしっかりストレッチをして

力を入りやすくしましょう(^-^)

手首を曲げる筋肉・指を曲げる筋肉のストレッチ

指の曲げる筋肉は固くなりやすく、筋肉や腱の滑走が悪くなる箇所です

しっかり伸ばして滑走を良くして柔軟性を保ちましょう(^-^)

 

 

指を曲げる筋肉のストレッチ

終わりに

今回は、片麻痺のストレッチの必要性とご自身でも出来るストレッチを紹介させていただきました!

一日に沢山する事よりも

毎日やる事が大切なので毎日コツコツやっていきましょう(^-^)

脳卒中の後遺症にお困りの方へ

当院は荒川区の脳卒中の後遺症のリハビリが得意な整体院です。症状にお困りの方はご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら♪

本気で痛みを改善したいと

思われる方は

今すぐご予約・ご相談を!!

 

 

 

-脳卒中
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 整体院オアシスOasis Powered by AFFINGER5