荒川区で根本改善なら「整体院Oasis」

笠井 将也(かさい まさや)

スタッフ保有資格・認定・習得:

  • 理学療法士免許(国家資格)
  • 障がい者スポーツ指導員
  • 東京2020オリンピック メディカルスタッフ アスリートフィジオセラピスト

業界歴:

臨床経験12年

◎2010年

  • 国際医療福祉大学保健学部理学療法学科 卒業
  • 理学療法士免許取得
  • 医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院・西船クリニックにて約4年勤務

◎2014年

ガイアリハビリ訪問看護ステーションに約5年勤務

◎2019年

整体院Oasis開院

趣味・特技:

  • バスケットボール:中学校から今まで20年以上続けています!大学時代は県ベスト4まで入りました!
  • サーフィン:海が大好きでチャンレジを始めました!まだ初心者ですがどんどん練習していきます!
  • トレーニング:ジムでトレーニングをして汗をかくことが大好きです!定期的に自分で体を良い状態に作り上げています!
  • 映画鑑賞:邦画、洋画どちらも見るのが大好きです!最近では妻の影響でアニメにもハマっています!
  • アウトドア:BBQやキャンプなど外で過ごすことが大好きです!

得意な施術:

長年の慢性的な症状を改善していくことが得意です!

慢性的な肩こり/首の痛み/腰痛/股関節の痛み/膝の痛みなどの症状を得意としています!

得意なアドバイス内容:

  • 痛みがあっても簡単にできるストレッチ
  • 痛みや不調を改善するための食事の摂り方
  • 辛くないけど効果の高い筋力トレーニング

など、お一人お一人のお身体の状態に合わせた運動療法の提案、食事の改善方法などのアドバイスが得意です!

健康のために行っていること:

週2~3回のジムトレーニング/栄養学に基づいた食事/ストレッチ/水をたくさん飲むこと/良く寝ること

お客様へメッセージ:

『私が治療家になったきっかけについて』 

今回は私が治療家になったきっかけについてお伝えさせて頂ければと思います。少しでも読んでいただけたら嬉しいです。

私は中学〜大学まだバスケットボールをしていました。バスケットボールは身体の接触が多いスポーツですが、私はそれほど身体が強くなく、いつも当たり負けをしていたり、無理をしながらスポーツをしていました。そんな時、ある日高校でバスケ中に足首の靭帯を切る大怪我をしました。また、その他にも膝をひねる怪我をしたり、大学時代に肩の靭帯を痛める怪我をしたりと非常にケガの多く、身体に痛みを抱えながらスポーツをしている状態でした。

そんな時、親が調べてある整形外科を紹介してくれました。その中にリハビリの理学療法士の先生がいらっしゃり、私の身体を治療してくれることになりました。私自身、身体中ボロボロで痛いところだらけだったので、少しでも軽くなれば良いかな程度で通院することにしました。

ですが、数ヶ月通院した頃には私の体はほとんど痛みのない身体に変化していました。おかげさまで大学時代には県ベスト4までになることができました。これには本当に驚き、今でも理学療法士の先生には感謝しています。

 そんな経験から私も困っている人のお役に立ちたいという気持ちが強くなり、高校卒業後に国際医療福祉大学に入学、4年後に国家資格を取得し、晴れて治療家になることができました。その後、千葉県船橋市にある船橋整形外科病院に就職をしました。この病院は有名プロアスリートも多数来院される病院で、医師・理学療法士ともに技術面・人間性に優れた方々がたくさんおり、厳しく育てて頂きました。私の治療家としての土台・原点はここにあり、ここで多くの患者さんを担当させて頂く機会に恵まれました。

 その後、31歳でこの整体院Oasisを開業いたしました。開業し、現在3年半ほど経ちますが、現在では地域の方々にたくさんご来院いただける院に成長しました。整形外科や整骨院など、どこに行っても改善しなかった症状が改善していく患者さんを目の前にすると、本当に治療家になってよかったなと感じる毎日です。

 これからも私の理念である『整体を通して、痛みや不調がなく、やりたいことが自由にできる健康な身体を保つサポートをすることで地域の方々に貢献する』ことができるように日々精進して参ります。

 私事ですが2020年に結婚をし、現在は妻とまだ0歳の息子と3人暮らしです。週末には家族で出かけたり、旅行に行ったりすることが1番の楽しみです。毎日仕事で帰りの遅い私を笑顔で迎えてくれる家族には本当に感謝をしております。

 これからも皆様の症状改善に向けて、一緒にサポートさせて頂けたらとても嬉しく思います。

 最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

廣瀬 知志(ひろせ さとし)

廣瀬知志スタッフ写真保有資格・認定・習得

  • 理学療法士免許(国家資格)
  • PHI Pilates Mat Ⅰ/Ⅱ Instructor
  • Fascial Manipulation®︎ International Courses LevelⅠ/Ⅱ 修了

業界歴

臨床経験6年

  • 2017年 理学療法士免許取得医療法人社団苑田会 苑田会リハビリテーション病院にて約3年間勤務
  • 2020年 医療法人社団新潮会 足立慶友整形外科にて約2年間勤務
  • 2022年 整体院Oasis入職 

趣味・特技

  • スポーツ観戦:基本的にスポーツは何でも見ますが、学生時代野球をやっていたので、野球を見るのが特に好きです。
  • 音楽鑑賞:J-popやロック、最近はK-popもよく聞きます。

得意な施術

  • 筋膜調整が得意です。体の痛みやしびれ、重だるさ等の不調まで様々な症状に対応できます。 

得意なアドバイス内容

  • 筋膜調整のセルフケア
  • 姿勢改善のためのピラティスの指導 

健康のために行なっていること

  • 背骨のストレッチ
  • 水をたくさん飲むこと      

お客様へメッセージ

今回、私が治療家になったきっかけと治療家としての思いをお伝えさせていただけたらと思います。

私は学生時代に野球に打ち込み、肩や肘、腰の痛みのために治療院に通っていたことがきっかけで医療職に興味を持ち、理学療法士を目指しました。理学療法士の免許取得後は、回復期のリハビリテーション病院に約3年間勤務し、脳血管疾患や腰や股関節、膝関節の手術後を中心とした整形外科疾患の患者様の入院中のリハビリテーションを担当させていただきました。また、介護保険を利用した通所リハビリテーションも兼務し、退院後の生活期におけるリハビリテーションも経験させていただきました。

加えて、予防事業として、地域の方々向けの膝痛予防教室や転倒予防教室といった障害予防への取り組みも行ってきました。そういった活動を通して、予防医療に興味を持ち、知識・技術の向上のために様々な講習会に参加しました。

そんな中で出会ったのが、筋膜の治療とピラティスによる運動療法です。

筋膜は筋肉・関節・神経等の全身を包んでいる組織であり、それぞれがつながっている組織でもあります。そのため、筋膜に問題が生じると、全身のあらゆる問題につながる可能性があります。筋膜治療は痛みや不調の出ている患部だけでなく、全身を見るため、その人の抱えている問題に対して根本からアプローチします。

ピラティスは姿勢矯正に学術的証明のあるエクササイズであり、トップアスリートから高齢者まで処方が可能です。脊柱のゆがみから生じる肩こりや腰痛、下肢の痛みなどに効果があり、パフォーマンスの向上にもつながります。

こうしたことから、筋膜治療とピラティスは、今ある不調の改善だけでなく、今後起こりうる可能性のある不調を予防できるのではないかと考えており、それらを軸に痛みや不調で困っている方々のために社会貢献していきたいと強く感じるようになりました。

その後、外来の整形外科病院に転職し、約2年間で全身に渡る数多くの整形外科疾患を経験させていただきました。そんな中で、oasisの笠井先生に出会い、理念に共感し、共に地域の方々のために働かせていただくことになりました。

これから皆様の症状改善・障害予防のために、サポートさせていただけたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

荒川区で根本改善なら「整体院Oasis」 PAGETOP